ネット対応休み              
             

高橋りんご園とは

黒石の山実りんご


当園は、黒石市で六代続くリンゴ農家になります。 山の上に農地を構えておりますので、他の園地とはちょっと違った りんごが出来上がります。私たちはそれを山実りんごと呼んでいます。 山実(やまみ)りんごとは、商品名で無く通称〜と言った扱いになります。 標高で言うと100メートル以上の高地で栽培されるりんごを指しています。

高橋さんとりんごの花


山の上ですと花が咲くのは平地より1週間〜2週間遅れる事で、 どうしても玉の大きさは小さく仕上がりますが その分引き締まった果肉と濃い味に仕上がる為 地元では山実りんごは美味しいと良く言われています。 ただどうしても、収量も平地より落ちますし、 昨今では玉の大きい方が市場では高値で取引される為 市場に出すよりも直販や、道の駅の直売所等に出す事が 多くなります。そう言った事情もありスーパーさん等で見かける事が少ないし、山実りんごと銘打って売られる事は殆どありません。

雪中りんごの雪をかたす高橋さん


また山の上に園地が有る為、毎年雪が多く降る津軽地方では 木が折れてしまう事も平地の園地より多いので 一年中気が休まる事はありません。 それでは、美味しいりんごを届けて行きたいし 食べて頂きたいと思う気持ちが背中を押して 日々のリンゴ作りに頑張らせて頂いておりました。 どうぞ、自慢の山実りんご食べて見て下さい!