ネット対応休み              
             

雪室・雪中りんごとは

黒石雪中りんご

当農園は八甲田山の麓の地域になりますので、黒石市の中でも雪深い地域になります。雪国の知恵で、冷蔵庫が無い頃から雪の中に野菜や魚を埋めて貯蔵していました。りんごも埋めてみると、それはそれは、もぎたての様に美味しく、それが今でも一部の生産者やリンゴ販売者の中で試みられている、雪室りんご、雪中りんごと呼ばれるりんごとなります。


雪の中でオヤスミなさい

準備

雪の中にりんごを保管していきます



先ずは比較的広い園地の空き地に雪を確保します。選別されたりんごを、専用のコンテナに入れ、更にビニールシートで1つ1つコンテナを覆いコンテナを並べて行きます。

作業開始!

雪の中にりんごを保管していきます


並べ終わったら、スコップで埋めて行きます。これが大変でして大半の時間を使います。上手く雪を乗せていかないと春先掘る際に大変ですので、神経を使って埋めて行きます。ある程度しっかり雪で覆う事が出来た時点から、重機を使い一気に埋めて春を待ちます。

黒石雪中りんご

高橋りんご園では、黒石のリンゴ生産者の中でも珍しく雪中りんごをやっています。雪の中に埋めますと貯蔵庫内は一定の温度(約0℃)と湿度(98%)に保たれます。この中でりんごは熟成されていくのですが、湿度が有る為瑞々しさは、もぎたてのりんご以上のものとなります。まるでジュースを食べている?そんな錯覚をしてしまうほどのりんごです。

 

お急ぎくださいね!

雪の中にりんごを保管していきます

去年のりんごは、全県的に小玉傾向でいつもなら大玉のりんご園さんも、大玉の収穫が減っています。 当園は、山のりんごですので、元々大きくなりにくく当園も大玉はかなり希少でした。お陰様で例年ですと苦労する中玉すら売切れてしまいました!一番数が出来た小玉りんごは、形は小さい小振りのお蔭で味が濃いのが特徴です。名前が示す通り小玉なので食べ切りサイズが受けて出荷量はダントツです。今回の雪中リンゴは、この小玉りんごを雪に埋めています。それでなくてもジューシーなリンゴなのに、雪に埋めているので、今年の雪中リンゴは まさに『果汁したたる雪中りんご』に出来上がる〜予定です。

お届け状態

雪中りんごのお届け状態

基本情報
原産地
配送温度帯
出荷可能期間
賞味期限
     
梱包数

黒石雪中サンふじ

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

最近チェックした商品